普通科準特進

写真
学習はもちろん部活動にも力を注いで
難関私立大学をはじめ国公立大学も視野に合格を狙います。
写真
写真
写真

より高い進路実現と部活動との両立

より高い進路実現を目指したい生徒、部活動との両立を図り充実した学校生活を送りたい生徒のためのクラスです。特に英語教育に力を入れており、高いレベルで授業展開を行い大学入試に対応できる力を養います。さらに上を目指す生徒は、学年進級時の成績等によって特進での学習が可能です。

充実した学校生活を

放課後の過ごし方を部活動や資格取得など、将来の目標や興味・関心によって選択できます。部活動の数は非常に多く、いつも生徒たちの歓声や笑顔にあふれています。各部活動でリーダーとして活躍している生徒が多いです。

1期生の成績推移
1期生の成績推移

さまざまな進路実現

3教科型入試に特化した指導体制で、主に西南学院大学・福岡大学への合格を目標とした指導を行います。学力によっては幅広い進路実現も可能で、福岡、九州をはじめ全国の様々な難関私立大学を目標にすることもできます。

頑張りをサポートするさまざまな制度

専願・前期入試での準特進クラス合格者は全員学業奨学生(C)に該当します。このほか父母の会、同窓会の奨学生制度など多様なサポート制度が用意してあります。また、約3週間のオーストラリアへの短期英語研修にも参加ができます。

「普通科 準特進」 過去5年間の合格先(クラス構成変更前の選抜クラスの実績による)
〈国公立大学・大学校〉
佐賀大学/山口大学/北九州市立大学/熊本県立大学/山口東京理科大学/名桜大学/防衛大学校(1次) など
〈私立大学〉
西南学院大学/福岡大学/久留米大学/福岡工業大学/中村学園大学/筑紫女学園大学/福岡女学院大学/国際医療福祉大学/聖マリア学院大学/福岡女学院看護大学/立命館アジア大学/近畿大学 など

生徒に聞きました!

Qあなたのクラス(普通科 準特進/1年)の
時間割を教えてください。

時間割

Q九州産業高校「普通科 準特進」を選んだ理由、
今頑張っていることや目標を教えてください。

勉強と部活動の両立を図り志望する大学へ進学したい。
オープンスクールで感じた「明るく伸び伸びとした雰囲気」が自分に合っていること、それに進学実績が良いことも入学の決め手になりました。力を注いでいるのは授業の復習。また、生活リズムを乱さないように心がけながら授業や自習、そして新聞部の活動に励んでいます。志望しているのは西南学院大学。入学したら、得意の英語をじっくり学びたいです。

髙原 一樹
髙原 一樹(大利中学校出身)
普通科 準特進 1年
新聞部

卒業生からひとこと

吹奏楽部で全国大会出場!進学の夢も叶いました。

名高い吹奏楽部に入りたかったことが入学の理由。また、勉強と部活動を両立できる環境にも惹かれました。吹奏楽部では、創部40年来初の「マーチング全国大会出場」を経験。また、クラスが一つのチームとなって入試に挑んだことが思い出です。大学では今、実用的な英語を学習中。将来は、教師となって九産高校へ戻ってきたいと思っています。

江藤 颯
江藤 颯(三輪中学校出身)
普通科 進学クラス(準特進)
〈平成29年3月卒業〉
西南学院大学
文学部外国語学科(英語専攻)へ
進学
このページの先頭へもどる