年間行事2019年6月22日

第12回紫祭

 6月19日(水)、本校の文化祭である第12回紫祭が開催されました。
 本年度は「今までにない○○」というテーマのもと、文化部や各クラスが多くの発表や催し物を行いました。オープニングセレモニーでは吹奏楽部のファンファーレが響き渡る中、生徒たちの手から色とりどりの風船が青空に舞い上がっていき、「今までにない」華やかなセレモニーとなりました。

 天気に恵まれた快晴の空の下、3年生の「もてなす」をテーマにした出店では、様々な食品が提供され、看板などの外観や接客の仕方にも工夫を行っていました。1年生は「演出する」、2年生は「体験する」を表現した各学級の趣向を凝らした出展・出店に、大きな盛り上がりを見せました。そして、普通科・機械科の垣根を越え、機械科の実習を普通科の生徒が体験するなど、本校独自の取り組みも見られました。
 また、クラス出展と同時に、体育館では有志や文化部による発表が展開され、書道パフォーマンスや吹奏楽部と和太鼓部の演奏はもちろん、ダンスやバンド演奏など熱気と笑いに包まれた空間になっていました。
 さらに、先立って行われた文化部発表に出演していた部活動の多くが出店や作品展示を行うなど、全校生徒の力によって一つの行事が築き上げられました。

 紫祭に向けての準備期間で、クラス内の繋がりが強まったことと思います。また、ひとつの作品やアイデアを作り上げることの難しさや、自分たちで作り上げたものによって人を楽しませ、笑顔にする喜びを経験できたのではないでしょうか。今後の学校生活、さらには本校を巣立った後でもそれらの経験を活かしてほしいと思います。

このページの先頭へもどる