平成29年、九州産業高校は「九州産業大学付属高校学校」として51年目をスタートしました。

私たちは、「LEGACY~未来への継承~」を合言葉に未来へ向け力強く一歩を踏み出します。

これまで諸先輩方が築いてきた良き伝統を大切に受け継ぎ次の50年を築く礎にして学園の未来にとって、踏み出すその一歩は大きな一歩だと考えています。

工業高校から、普通科・機械科を有した存在感のある高校へ。

時代と共に、生徒と共に、地域と共にあゆみながら成長を続けてきた50年間でした。

このページの先頭へもどる