10分間ドリル風景
未来を創る自分を創る
基礎学力定着と新しい大学入試への対応を目的とした朝の10分間ドリル

「10分間ドリル」は、本校職員が独自に作成した「思考力・判断力・表現力」を養成するための問題集です。毎朝10分間各自で学習に取り組み、月に1回の認定テストを受験します。認定テストに合格すると昇級し、次のテストまでの期間、1段階上のドリルを学習することになります。内容は義務教育の復習から大学受験レベルまで、5教科に限らず全教科全科目を総合的に学習していきます。この取り組みは、2020年度から施行される新大学入試における教科を横断した総合問題、企業における採用試験(一般教養等)に対応すること、また基礎学力の定着を目的としています。

ドリル
このページの先頭へもどる