部活2018年1月06日

美術部員による絵馬展示

最寄り駅のJR二日市駅に今年も『戌』の干支にちなんだ合格絵馬6作品(改札口前に大絵馬1枚、待合室に3枚、跨線橋に2枚)を取り付けました。

合格絵馬は太宰府天満宮最寄り駅ということで昭和61年、当時の駅長より本校美術部に依頼を受けたのがきっかけでした。今では美術部の恒例行事となっています。

今回は眼鏡をかけた犬、犬の顔をしたダルマなど自由な発想で制作に挑み、大絵馬は大きな土佐犬に初夢にちなんだ「一富士、二鷹、三なすび」を組み合わせて描いています。

美術部員はこの絵馬を見た受験生全員が志望校に合格を願い描きました。

このページの先頭へもどる