年間行事2018年6月05日

第69回 鋳鉄溶解実習

 5月24日に第69回鋳鉄(ちゅうてつ)溶解実習が3年機械科の生徒対象に行われました。

 鋳鉄溶解実習とは、キュポラを使い鋳鉄を焼く1600℃まで温め、溶けた鋳鉄を鋳型に流し込み、鉄アレイなどといった製品を作ることをいいます。

 鋳鉄溶解実習は福岡県内では本校しか実施しておらず、3年機械科の生徒は緊張した面持ちで4限目の事前学習を受講し、5限目からは実際に溶けた鋳鉄を鋳型に流し込む作業を行いました。

 普段では行えない雰囲気での実習だったため、生徒たちは緊張しながらも一生懸命取り組んでいました。

 溶解実習が終了すると達成感などから笑顔がこぼれていました。

このページの先頭へもどる