年間行事2018年12月14日

交通講話が行われました。

12月10日(月)、交通講話が実施されました。講師として南福岡自動車学校よりかめライダー氏をお招きし、身近な例やデータを用い、時折ユーモアを交えながら、自転車を使用する際のルールや危険性について講話をしていただきました。

かめライダー氏は、今回の講話の柱として「走る場所」「走り方」「夜間の走行」の3つを挙げられました。生徒が当たり前のようで忘れてしまっているような知識や規則を説明され、簡単なルールを守れないだけで事故につながってしまうということを教えて下さりました。そして、下校時に自転車を使用する生徒が多いため、夜間は日中以上に事故の危険性が高まるということも写真等を使い、わかりやすく説明していただきました。生徒たちはかめライダー氏のユーモア溢れるお話には笑みを浮かべながら、事故についてのお話には真剣なまなざしを向けながら耳を傾けており、「ルールを守る」ことが「自分の人生を守る」ことでもあり、「他人の人生を守る」ことでもあるということ実感できたのではないでしょうか。

また交通講話の翌日、かめライダー氏には登校指導に参加していただきました。生徒たちには今回の講話を機に、もう一度交通ルールについて考え、これからもルールを遵守しながら安全な登下校を行ってほしいと思います。

このページの先頭へもどる