年間行事2019年4月10日

全校生徒で初の集会です。

 4月10日(水)、対面式を実施しました。
 先日の入学式を終え、新しく仲間に加わった1年生と、その1年生を迎える2年生、3年生が集う初めての集会になります。
 まず校長先生より挨拶があり、「互いに互いを助け合い、磨き合いながら日々を過ごしてほしい。」と話されました。その後生徒会長の江田和隆(春日南中学校出身)が新入生に向けてメッセージを送り、新入生代表として吉森健真(大利中学校出身)が在校生の前で堂々と挨拶をしました。式の最後には校歌紹介を行いました。今月18日には第7回中村治四郎杯が開催されます。中村治四郎杯は九州高校との野球の交流戦で、両校ともに全校を挙げて声援を送り試合に華を添えます。当日は校歌を披露する場面がありますので、応援練習を通して1日も早く覚えて試合を盛り上げてほしいと思います。

 また、対面式と併せて表彰式も行われました。今回は、第12回アジアユース男子選手権大会(男子バレーボール)においてチームの優勝に貢献した松本喜輝(那珂川北中学校出身)と、第12回日本陸上競技選手権大会男子200mで優勝し、先月香港で行われた第3回アジアユース陸上競技選手権において第4位に入賞した重谷大樹(三国中学校出身)が表彰を受けました。表彰後、松本喜輝は「優勝という経験を活かし、インターハイに向けて精進し続けたいです。」、重谷大樹は「自分では4位という結果には納得していないので、インターハイに向けて頑張りたい。引き続き応援をしてください。」とそれぞれ話しました。
 最後に、体育活動において優秀な成績を収めた本校が福岡県より表彰を受けたため、代表として生徒会体育部長の大谷志織(学業院中学校出身)に賞状が授与されました。

このページの先頭へもどる