年間行事2019年4月26日

防災訓練を行いました。

 4月22日(月)、防災訓練が行われました。
 本校では昨年度まで「避難訓練」という名称で実施していましたが、昨今の自然災害の増加を鑑み、教職員と全校生徒に対して「防災への意識向上」と「災害時に各々がとるべき最善の行動とは何か」について考えてほしいという趣旨の下、本年度から「防災訓練」という名称に変更いたしました。

 どのクラスも事前に避難経路をしっかりと把握しており、速やかに避難場所へ移動することが出来ていました。しかし、一方では移動中に話すなど気の緩みも見られ、認識の甘さも確認できました。校長先生は総評の中で「防災訓練となると人ごとに考えがちになるが、実際に被災された方々がいらっしゃるということを忘れることなく、心して訓練に臨んでほしい。」と話されました。
 実際に災害と直面した時には、冷静な行動と判断が求められます。次回の避難訓練では、今回以上に迅速な避難と生徒一人ひとりの意識付けを目指して、教職員一同努めていきたいと思います。

このページの先頭へもどる