その他2019年12月25日

クロスメディアプロジェクト(KBC九州朝日放送局編)

 12月23日(月)にキャリア教育の一環として、KBC九州朝日放送局においてクロスメディアプロジェクトを実施しました。今回は、先日読売新聞西部本社にて実施したクロスメディアプロジェクト第一弾に続き、第二弾となります。

 まず生放送のスタジオを見学させていただきました。司会者の宮本啓丞アナウンサーが本番直前まで生徒たちに話しかけてくださり、スタジオは和やかな雰囲気でしたが、本番が始まると一転、緊張した空気が張り詰め生徒たちも緊張した様子で番組放送を見つめていました。
 その後、スタジオ横の控室で気象予報士の佐藤栄作さんが生徒を出迎えてくださり、気象予報士を目指した経緯や、今後のアドバイスなどを直接拝聴することができました。終盤には、実際のニューススタジオブースに座って原稿を読むという体験や、ラジオやテレビのサブスタジオに入り、スタッフの方々が番組放送を進行していく様子の見学をさせていただくなど、意義深い経験を得ることができました。

 2回に渡って実施された、初めての試みであるクロスメディアプロジェクトを通じて、生徒たちは情報を収集し、それを「ことば」という手段を用いてわかりやすく伝えることの難しさ、社会に出て働くということの大変さを実感すると同時に、そこで働く人々の輝きや仕事へのやりがいも感じ取ったのではないでしょうか。
 このプロジェクトで得た経験が、卒業後の進路やキャリア構築の一助となることを期待します。

このページの先頭へもどる